2008年03月09日

たこ梅

こんばんは。

昨日、お花見の後は梅田のおでん屋さんで
ちょいと飲みました。

たこ梅のれん.jpg


こちらのお店、
たまたま梅田の地下街を歩いていた時に
お店の前の牡蠣の写真に目を奪われてしまい、
もともとほかで飲もうとしていたのに
結局「ちょっとならいいよね」とかなんとか言って
寄ってしまったのです。

だって、おでんに牡蠣って、
反則だと思いません?

というわけで、
入ってまず熱燗(大)を注文。
たこ梅熱燗とお通し.jpg

熱燗(大)、2合弱で1000円。
どうせこれ1本なんかじゃ済まない私たち、
(おっと…ちびっと高いのう…)と思いつつ注文。
お通しはキャベツとツナのマヨネーズ和えです。

まずはこちらのお店の名物という
たこの甘露煮の串を注文。
たこ梅たこ串.jpg

とっても柔らかくて、甘さも辛さもちょうどいい。
日本酒のつまみには最適ですな。
2本で600円。

そして今回食べたかった牡蠣。
たこ梅牡蠣.jpg

ふっくら大きくふくらんだ牡蠣は
だしの味がしみしみで美味しかった!!
これは注文が入ってから炊くそうで、
火が通り過ぎておらず
ふわふわしみしみのバランスが絶妙!!
一串400円でした。

(そういえば、さっきたこ梅のHPを見たら、
私たちの牡蠣は一串2個しかついてなかったけど
HPでは一串3個ついてたんすよ。なんでかな?)

その後、熱燗(小)と厚揚げ一つ頼んで
計3000円半ばでした。

考えてみれば、2合で熱燗1000円って
特別高いわけじゃないのにそう感じてしまったのは
カウンターしかない立ち飲みチックな店構えのせいでしょう。
たこ梅って、HPをみてわかったのですが
難波に本店のある老舗のりっぱなおでん屋さん。
同じ梅田の地下街にたくさんある立ち飲み屋さんで
ネタ一つ80円〜などというおでんと
本当は一線を画したおでん一筋のおみせだったのでした。

そんなお店で美味しく旬のものをいただけた幸せ。
次回は心して、老舗の味を楽しみたいと思ったのでした。


 家たこ梅のHPはこちら




posted by マイアキ at 23:18| 兵庫 | Comment(3) | TrackBack(1) | 武庫之荘からお出かけ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この度は、当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
牡蠣は、毎年、大変人気ですが、12月から3月頃までの季節ものです。
ところで、1串に牡蠣が2粒であったり3粒であったりするのは、牡蠣が(一般的には大きいと思いますが、当店の基準で)まだ、少し小ぶりのときは3粒刺し、十分に大ぶりのときは2粒刺しにしております。
もう、そろそろ、蕗や筍の関東煮もでてまいりますので、お近くにおいでのさいは、気軽にお立ち寄り下さい。
それでは、今後とも、ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
Posted by たこ梅 五代目 店主 at 2008年03月13日 17:27
たこ梅五代目店主様>
コメントありがとうございます。
そうだったんですね…
牡蠣の個数が違ったのは大きさが理由だったんですね。
ということは私たちが食べたのは大きい当たりの牡蠣だったちいうことですね!
大変失礼いたしました。
また、次の季節の旬をいただきにいかせていただきます。
こちらこそ、またよろしくお願いします。

Posted by マイアキ at 2008年03月16日 16:40
毎度、ありがとうございます。
一串の牡蠣の粒数など、毎日、接している私どもは、2粒刺や3粒刺など当たり前のように思っておりましたが、お客様からすると、「写真の牡蠣が3粒なのにどうしてお皿の上の牡蠣が2粒なのだろう?」と思われるのは当然で、今回のように教えていただけると、お客様の立場に立った接客に活かしてゆくことが出来、本当にありがたく思っております。
また、お気づきの点がございましたら、是非是非、お知らせください。
それでは、今後とも、当店をご贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。
Posted by たこ梅 五代目 店主 at 2008年03月17日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

たこ梅〜♪
Excerpt: 先日、大阪は新梅田食堂街にあります     たこ梅http://www.tako
Weblog: momoのゆら〜り気まぐれ日記♪
Tracked: 2008-06-05 19:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。